プロミス追加融資

プロミスをはじめ、消費者金融の多くは即日契約の即日融資に対応してくれます。そのためその日の午前中に申込みをすれば、午後にはお金を借りることができるようになります。契約時の限度額は希望額、もしくは審査の上希望額よりも少額になることがあります。50万円以上の限度額になる場合は収入証明書の提出が必要になります。また、他社に借入があり、他社の借入金額と希望限度額が100万円を超える場合も必要です。すぐに提出できるように、給料明細や確定申告書は手元に用意しておきましょう。 最初から大きい限度額を希望しても、なかなか通らないことがあります。しかしその後利用を続けて信用を作っていくことで、限度額を変更することも可能です。限度額は変更するたびに審査が入ります。また年が変わったら新しい収入証明書を提出しなくてはなりません。収入証明書を提出することでプロミスのポイントがたまり、ATM手数料を一定期間無料にしたり、一定期間金利をカットするようなサービスに利用することもできます。収入が増えている場合は限度額をさらに大きくすることもできるので、早めに提出しておくと良いでしょう。収入が減ってしまった場合は、総量規制によって限度額が減少することもあります。

追加融資を受ける方法

プロミスのカードローンは極度型なので、限度額内であればいくらでも追加融資を受けることができます。追加融資を受ける場合は、インターネットから振込融資依頼を出したり、ATMを利用することができます。電話による融資も受け付けてくれていますが、利便性を考えるとインターネットやATMを利用したほうが良いでしょう。何か相談ごとがあり、そのついでに追加融資を受けるような場合には良いかもしれません。追加融資を受ける場合は特に審査はありませんが、カードローンを利用するとそのたびに信用情報に記録が残ります。金額によっては他のカードの契約時の審査に影響を与えることもあるので、気軽に借りたり返済を繰り返すような利用方法はあまりよくありません。追加融資を受ける場合は、本当に必要なお金なのかよく考え、手持ち資金や銀行の預金でどうにかできないかも検討してみると良いでしょう。プロミスは三井住友銀行のATMであれば手数料もかからないので、余分な預金がある場合は早めに返済して金利手数料をカットすることも良いです。利用残高が少なければ少ないほど、月々の金利負担は減ります。金利負担が減ると返済時に元金に充当される金額も大きくなります。

預金の引き出しとプロミスの追加融資

週末にお金が必要になった場合、実はプロミスをはじめ、カードローンを利用したほうが結果的に得になることもあります。銀行の預金を引き出す場合、時間外ATM手数料がかかることがあります。金融機関によりますが、108円から216円程度かかることもあります。プロミスの場合は三井住友銀行のATMであればいつ使っても手数料がかかりません。実質負担しなくてはならないのは金利手数料だけです。例えば5万円を年利18%で借りた場合、1日あたりの金利手数料は50000×0.18÷365で、およそ24円です。月曜日になり銀行のATM手数料が無料の時間に引き出して返済に充てれば、金曜日に借りていた場合でも、預金を引き出すより手数料が小さくなります。実際には年利18%以下の契約となるので、もっと手数料は安く済みます。もちろん借りる金額がもっと小さい場合も同様です。このように追加融資を上手に使うことで、無駄な出費を抑えることも可能です。追加融資がいつでも受けられるように、限度額ギリギリまで利用するのではなく、ある程度残しておいたほうが良いでしょう。また、プロミスは瞬フリというサービスで三井住友銀行やジャパンネット銀行に24時間振込をして貰うことができます。ジャパンネット銀行は30000円以上引き出す場合はどこのATMでも手数料無料なので、近くに三井住友銀行がない場合は一度振込をして貰う方法も利用できます。

契約内容の見直しと限度額変更のタイミング

当初の契約のまま利用するのもよいのですが、できれば定期的に連絡をとって、金利引き下げの交渉を進めていくとよいでしょう。プロミスのカードローンは金利4.5%から17.8%で提供されていますが、最初から低金利で契約できることはほとんどありません。利用を重ねて返済期日を守り、信用を積み重ねていくことで限度額の増額や金利の引き下げ交渉ができるようになります。半年程度利用していれば一回は交渉することが可能でしょう。交渉する場合はコールセンターに連絡を入れます。限度額の変更依頼はインターネットからもできます。契約内容が変更になるたびに審査が入るので、場合によっては希望通りにならないこともあります。審査に通った場合は増額や金利の引き下げをしてもらえます。限度額が100万円以上になると、自動的に上限金利の法律によって15%まで引き下がります。小さい枠のカードのいくつも持つよりも、1枚にまとめてしまったほうが得になります。また、使うか使わないかは別として、限度額は大きくしておいて損することはなりでしょう。通常限度額や金利の変更では新しい契約書は送られてきません。内容はウェブサイト上で確認することができます。