プロミス追加融資

初めてキャッシングの申し込みをする場合、借り入れたお金の返済に不安を覚えるでしょう。 プロミスは残高スライド元利定額返済方式という返済方式を採用しています。 残高スライド元利定額返済方式なんて名前だと難しそうですが、要は借り入れの残高に応じて最低返済額が変動していく方式になっているということなのです。 借り入れの残高に応じて最低返済額が決まるので、最低返済額以上の金額でなら、自分の可能な範囲で返済していけるのです。 プロミスではプロミスからの借り入れ残額が30万円以下の場合、30万円を超えて100万円以下の場合、100万円を超える場合と三段階で最低返済額の割り出し方が変わります。 ここではまずプロミスからの借り入れ残額が30万円以下の場合の最低返済額の割り出し方について具体的に述べていきます。 プロミスからの借り入れ残額が30万円以下のときは、プロミスからの借り入れ残額に3.61%を乗じて1,000円未満を切り上げた金額が最低返済額です。 たとえば、プロミスの借り入れ残額が30万円のときは、30万円×3.61%=10,830円と計算できるので1,000円未満を切り上げた11,000円が最低返済額です。

プロミスからの借入れ残額が30万円を超え100万円以下の場合

プロミスからの借り入れ残額が30万円を超えて100万円以下のときは、プロミスからの借り入れ残額に2.53%を乗じて1,000円未満を切り上げた金額が最低返済額となります。 たとえば、プロミスの借り入れ残額が31万円のときは、31万円×2.53%=7,843円と計算できるので1,000円未満を切り上げた8,000円が最低返済額となります。 プロミスからの借り入れ残額が30万円以下の場合はプロミスからの借り入れ残額が増えていくにつれ最低返済額が増えていきます。 しかしプロミスからの借り入れ残額が30万円を超えた時点で一時的に最低返済額が減ることになります。 これが残高スライド元利定額返済方式の特徴です。 この残高スライド元利定額返済方式の特徴によりプロミスからの借り入れ残額が30万円をわずかに超えているときの最低返済金額を基準に返済計画を立てるときは注意が必要です。 具体的な注意点は後の章でまとめて解説していきます。 また、プロミスの借り入れ残額が100万円のときは、100万円×2.53%=25,300円と計算できるので1,000円未満を切り上げた26,000円が最低返済額となります。

プロミスからの借り入れ残額が100万円を超える場合

プロミスからの借り入れ残額が100万円を超えるときは、借り入れ残額に1.99%を乗じて1,000円未満を切り上げた金額が最低返済額となります。 借り入れ残額が101万円のときは、100万円×1.99%=20,099円と計算できるので1,000円未満を切り上げた21,000円が最低返済額となります。 ここでも借り入れ残額が100万円を超えた時点で一時的に最低返済額が減ることになります。 借り入れ残額が30万円をわずかに超えているときと同様に借り入れ残額が100万円をわずかに超えているときの最低返済金額を基準に返済計画を立てるときは注意が必要です。 たとえば借り入れ残額が101万円のときは前述の計算のとおり21,000円が最低返済金額となります。 この21,000円が最低返済金額を基準に返済計画を立て21,000円を返済したとします。 そうすると返済後の借り入れ残額は1010,000円から21,000円を差し引いて989,000円となります。 この時点で新たな借り入れ残額は100万円以下となりますが改めて借り入れをしない限りは最低返済金額の再計算は行われません。 ですので、この21,000円の最低返済金額で返済し続けることにはなんの問題もありません。

最低返済金額を基準に返済計画を立てるときの注意点

しかし借り入れ残額が989,000円である時点で改めて10,000円を借り入れた場合は最低返済金額の再計算が行われてしまいます。 10,000円を借り入れた時点でプロミスの借り入れ残額が999,000円となり999,000円×2.53%=25,274.7円と計算できるので1,000円未満を切り上げた26,000円が最低返済金額となります。 この場合には21,000円の最低返済金額で返済し続ける計画を立てていたにもかかわらず、最低返済金額が26,000円に引き上げられてしまいますので、返済計画の見直しを迫られることになるのです。 このようなことが借り入れ残額がたとえば31万円と30万円をわずかに上回り、返済を経て借り入れ残額が30万円以下となった時点で30万円をわずかに下回る範囲で借入をした場合でも同様に最低返済金額の再計算がなされ、最低返済金額が引き上げられてしまいますので、返済計画の見直しを迫られることにならないように注意が必要です。 借り入れ残額がたとえば31万円と30万円をわずかに上回る場合は追加借り入れをしないようにするか、最低返済金額が引き上げられたことを想定して返済金額を設定するようにしましょう。 プロミスの繰り上げ返済について